Twitter人気

意味が分かると怖くない話まとめ

意味が分かると怖くない話

数年前からはやり始めた「意味が分かると怖い話」

読んでいるうちに段々と分かってきて怖くなる。読み終わった後に意味が分からないから解説を読むとゾワっとする。

といったことが学生の間などで一時期人気となりました。

しかし今回は「意味がわかると怖くない話」です。

読んでいる時、初めは怖そうな雰囲気が出ているのに、最後には…といった内容をまとめました。

 

読書家の少年

今から数十年前、ある少年の身に起こった悲劇のお話です。

友達とスポーツをするよりも、ゲームで遊ぶよりも読書が好きだった少年は、近所にある小さな本屋へ行くのが、何よりの楽しみでした。

少年は、興味のある本を片っ端から購入して、毎日、活字の世界に入り浸っていたのです。

しかし、田舎の小さな本屋に並ぶ本の数は少なく、やがて少年の興味を引く本が尽きてしまいました。

「すいません、何か面白い本はありませんか?」

少年が店主の老人に尋ねると、レジカウンターの下から、一冊の古ぼけた本を取り出しました。

 

 

真っ黒な表紙に「DEATH」とだけ書かれた本が、少年は読みたくてたまりませんでした。

「これは、とても面白い本だから100ドルで売ってあげてもいいけど…絶対に1ページ目を読んではいけないよ」

 

少年は両親にお金を借りて「DEATH」を購入すると、自分の部屋で夢中になってページをめくりました。

徹夜して読み終えた時、目を真っ赤にした少年は、これまでにないほどの充実感に好風していました。

そして、店主から決して見ないよう言われた1ページ目を、どうしても確認したくなったのです。

「100ドルも出して買ったんだから…僕には読む権利がある…」

生唾を飲み込み、意を決して一ページ目をめくった少年は、驚愕して「DEATH」を落としてしまいました。

1ページ目に印刷されていたのは…

「希望価格 4.99ドル」

https://bq-news.com/not-scared

 

ぼったくり過ぎる 笑

4.99ドルの物を100ドルで販売するなんて、軽く問題ですね笑 お互いが了解しているのなら良いですが!

1 2 3