テレビ

イッテQの全祭りを検証した結果、11個の存在を確認できなかった模様…

イッテQ

海外ロケならではの予測不能なハプニングや出演者のリアルなリアクションが人気となっている『世界の果てまでイッテQ!』

日曜20時というゴールデンタイムに放送しており、平均視聴率は20%を超える超国民的バラエティー番組に、以前よりやらせ疑惑が浮上しています。

今、番組のファンからは「あの祭りはガチだ」「いや怪しい」という声が上がっています。

そこで女性セブンという雑誌が徹底調査しました。

この女性セブンが日本テレビへ質問状を出した数時間後に『世界の果てまでイッテQ!』の番組公式サイトに異変が起こりました。

https://trenist.com/sekainohatemadeitteq-bunsyun-yarasegiwaku/

それは第1回から直近の放送分1話~406話までの内容を閲覧できていたのですが、突然その一部が削除されてしまった模様です…

芸能関係者は

「問題発覚後の放送の視聴率は16.6%でした。ここ1か月では最低の数字でしたが、それでも高い。根強い人気を誇っていることがわかりましたね」

と語っており、いまだにイッテQ!の持つ力に自信を持っています。

11月11日に放送された内容は手越祐也がペルーを訪れ巨大な地上絵を描き、女性お笑いコンビのガンバレルーヤがフィリピンでジンベイザメと泳ぐという内容でした。

世界各国へ赴き、過酷なロケを敢行するいつもと変わらぬおもしろさを繰り広げました。

しかし、この日は番組終了まで「疑惑」に触れることはありませんでした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181115-00000015-pseven-ent&p=1

1 2 3