Twitter人気

クロちゃん被害の全貌が…神崎紗衣「背筋が凍った」「自宅前でのおはよう自撮り」も

クロちゃん被害

クロちゃんと神崎紗衣さんの2人の因縁は4か月前に遡ります。

神崎紗衣さんのことを一方的に気に入ったクロちゃんの度重なる執拗なアプローチに対して、準備期間2か月という壮大なお仕置きドッキリを神崎さんは仕掛けました。

その間は、スタッフ無し、カメラ無しで週4回のデートを重ねました。

そしてドッキリは無事に完結…と思っていた神崎さんでしたが、クロちゃんの行動は収まらず、ときにはエスカレートすることもありました。

神崎紗衣さんは

「コワかったです。怖さというよりは、恐さ。それは恐れのような感覚でした。お仕置きでケリがついたと思っていたのですが、それ以降も連絡はありました。中には『おはよう』ってメッセージが来て、送られてきた自撮り写真を見ると、撮影場所が自宅マンションの前で背筋が凍ったことも……。まるでサイコパス。デートを重ねた期間中、別れ際に『愛してるよ』と目を見て囁かれたときはリアクションに困りました」

と語りました。

普段のクロちゃんは至って優しいというから「タチが悪かった」と振り返る神崎さんは、その優しさに見え隠れする「本心と下心」のコントロールの巧みさを指摘しました。

ちょっとグラスを舐められているのは…あれですね…

この他にも神崎さんは、

「よくマッサージをしてくれました。ただ、『胸のリンパを流してあげるね』というのがクロちゃんの決まり文句で、今思えば、胸のリンパさえ本当かどうか……。

マッサージは基本的に優しさの表れだと思っていましたが、クロちゃんは本心と下心のバランスが絶妙。断れない雰囲気をつくるのが上手いんです。

それに芸能界の先輩として、熱心にアドバイスもしてくれました。恵比寿マスカッツの収録で一緒になった時は、反省会という名目でご飯に誘われることも多々ありました」

モンスターハウスに出演してからモテ期を公言しているクロちゃんの姿をみて、神崎さんは何を感じているのでしょうか。

「実はモンスターハウスの放送が始まる直前まで、私も毎日、莉音ちゃんと同じことを電話で言われていました。『守ってあげる』と。はっきりと目が覚めたというか、『あぁ、すべて嘘だったのか』と……」

 

 

http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9961055.html