芸能人

ピエール瀧被告、入院!?様々な憶測が飛び交っている

ピエール瀧被告、近日中にも入院か?

起訴された電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が近日中に入院することが5日分かった。

判決が言い渡された後の5月末にも依存症のの本格的な治療に入るそうだ。

ピエール瀧被告の初公判は5月中旬にも行われる予定だ。

関係者によると「今後、瀧被告は入院しますが、これ以上のことは何も言えません」とコメントしている。

判決が出るまでは報道陣に追われずに静かな環境で過ごせる病院になるようだ。

5月末から6月初旬にも下される判決後、くすりと完全に決別するための更生プログラムが用意されている、治療のための病院に入院することになるだろう。

 

ピエール瀧被告保釈

3月12日の逮捕から実に23日ぶり午後7時過ぎ、警視庁東京湾岸署から保釈され姿を見せた瀧被告は黒いスーツと七三分けのヘアースタイルで「本当に申し訳ございませんでした」と報道陣へ25秒間にわたって頭を下げた。

「反社会的な行為により多くの皆さまに迷惑と心配を掛け、申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を並べた。

湾岸署前には報道陣だけではなくピエール瀧被告の保釈を聞きつけた人々が集まり「めげるなよ」とエールを送る人もいれば「逃げるなよ」などのヤジのような声も入り交じった。

なお東京地裁は4日、保釈を認める決定をし保釈保証金は400万円で即日納付された。

この日午後8時、瀧被告の起訴を受け、所属事務所が電気グルーヴの公式サイトで「ピエール瀧とのマネジメント契約を解除いたしました」と発表。

起訴された2日にはピエール瀧被告の所属事務所がピエール瀧被告との契約解除を発表。

「本件に関しましては、引き続き誠意をもって対応させていただく所存です」と謝罪した。ピエール瀧の名前は公式サイトから発表と同時に削除されていた。

電気グルーヴの今後について同社は「決まっていない」としているが、逮捕の影響は各所に広がっている。今後は、数億円にも及ぶ損害賠償に対応する必要がある。

最後に

ピエール瀧と言えばアーティストだけではなく朝ドラや大河ドラマ、そして大ヒット映画アナと雪の女王でのオラフの吹き替えとして幅広くその名を知られているのではないでしょうか。

マルチな才能が魅力的な人物であっただけにこの報道は本当に衝撃的でした。「20代からくすりを使用していた」と取り調べで言及している彼ですが今後数億円とも噂される違約金問題など残されているのでまだまだ目が離せない事件ですね。