Twitter人気

GW明けに五月病で退職代行が増加!連休明けに退職する人も続出

五月病とは

五月病とは5月の頭のGW(ゴールデンウィーク)後に、学校や会社に行きたくない。何となく体調が悪いかもしれない。授業や仕事に全く集中できないなどの気持ちになることです。

 

これらすべてを総称して”五月病”と呼んでいます。

 

精神病のようなイメージで、初期症状には、やる気がない、食欲がわかない、眠れないなどが起こります。

人は気持ちに左右されやすいので、これが本当に体調が悪くなり、欠勤欠席へとつながることがあります。

五月病の原因

基本的に五月病の原因に挙げられるのが、ストレスです。

4月は学生も社会人も新しい環境へと身を置くことになる人が多い時期です。

その際に緊張したりすることが、1ヵ月ほど続いた後、急に連休になるためストレスがたまりやすい時期になります。

また新しい環境で頑張ろうという意識が働き、交感神経が働きすぎる事も原因の一つといえるでしょう。

 

五月病の怖い所は、誰でもかかる可能性があることです。

誰でもかかる可能性があるからこそ、うつ病や適応障害になりやすいタイプの人もいたりします。

気負いしすぎず、周りと助け合って取り組むようにしていきましょう。

引用元:https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/may_blues/

連休明けの退職者

今年のGWは前例のない、10連休という超大型連休でした。

それによりサービス業以外の職に就いている方は、10日間全ては取れなくても、それなりに連休を取れた人が多かったようです。

しかし、それにより連休明けと五月病の2つを受け、休み明け早々に退職する人が増加したといいます。

さらに退職届も出さずにそっとフェードアウトする新入社員もいました。

それほどまでに、五月病は社会現象となるまでに来ています。

勢いあまって先の事を考えなくなるほど、影響力があるということを頭の片隅にでも入れておくと良いでしょう。

GW明け・休み明け退職がTwitterでトレンド