Twitter人気

低炭水化物ダイエットは命を縮めてしまう!?研究員が示唆したその内容は…

低炭水化物ダイエットは、寿命を4年まで短縮する可能性があるとの研究結果が示唆されている。

そもそも低炭水化物ダイエットとは。アトキンスダイエットと呼ばれる、アメリカ人の医師、ロバート・アトキンスが考案したダイエット法です。

 

これは、体重減少のためにますます普及し、いくつかの病気のリスクを低下させる約束を示しています。

 

しかし25年以上の米国の研究によれば、中程度の炭水化物(植物ベースのタンパク質や脂肪の肉を交換する)の方がより健康的であることが示されています。

この研究は、彼らが食べた炭水化物の量を計測して行われました。

炭水化物には野菜、果物、砂糖が含まれていますが、その主な食材はジャガイモ、パン、米、パスタ、シリアルなどのでんぷん食です。

アメリカのNHS Eatwellガイドは健康でバランスの取れた食事をどのように達成し、長期的には重篤な病気のリスクを軽減するかについて詳しく説明しています。

研究者は、50歳から中等度の炭水化物を摂取するグループの人々が平均して33年間長生きすると推定しています。

中程度の炭水化物を摂取している人は

  • 炭水化物(超低炭水化物群)からエネルギーの30%以下を得た人よりも4年以上
  • 30%〜40%(低炭水化物)群の人より2.3年以上
  • 65%以上(高炭水化物)群より1.1年以上

長生きするとされています。

この調査結果は、20カ国以上の40万人以上が参加していた以前の調査と類似していました。

植物性脂肪やタンパク質の炭水化物を交換することで健康な老化が促進されるかもしれない、と専門家は述べている引用:https://www.bbc.com/news/health-45195474

 

植物性脂肪やタンパク質の炭水化物を交換することで健康な老化が促進されるかもしれない、と専門家は述べている研究者は、動物性タンパク質と脂肪が豊富な低炭水化物ダイエットを、植物性タンパク質と脂肪を多く含む低炭水化物ダイエットと比較しました。

炭水化物の代わりに牛肉、子羊、豚肉、鶏肉、チーズを多く食べれば、死亡リスクがやや上昇することにつながっていることがわかりました。

しかし、炭水化物を植物や豆類などの植物性タンパク質や脂肪に置き換えることは、実際には死亡のリスクをわずかに減らすことが分かりました。

1 2