Twitter人気

ある日突然、友達から「部屋で…姉ちゃんが…〇んでる……息してない……」と電話が来た

ごめんぶった切る。

俺が高校生の頃の修羅場。

そのときは夏休みで、異常気象だとか猛暑だとか騒がれるほど暑い年だった。

ある日、クーラーの効いた部屋で菓子食いながら漫画読んでたら、友達の石田(仮名)から着信がきた。

石田は学校の友達で、別に変な所もないフツーのいい奴だった。

姉が一人いて、多分2歳違いくらいだったと思うけど、年頃だったしそんなに話したりはしない仲だったらしい。

電話に出て「もしもし石田?どうした?」と聞くと、

「あの……ちょっとなんか……」と石田の歯切れの悪い声が聞こえた。

遊びの誘いだと思ってたので、「え?なに?今なにしてんの?」と聞き返すと、

次のページへ

1 2 3 4 5 6 7