Twitter人気

【落胆】北海道地震で被災したコンビニの店員の衝撃発言…日本人終わったな…

日本人のマナーとは

 

2018年9月6日に、北海道胆振(いぶり)地方を震源として発生した『平成30年北海道胆振東部地震』。この地震の影響で、道内の多くの鉄道が運休し、広い地域で停電が発生しました。

 

 

コンビニで働くありお(@ario_ff14)さんも被災者の1人。自宅は停電し、余震の不安があるにもかかわらず、食料品や日用品を求める人のために出勤しました。ありおさんが撮影した、地震発生直後の店内の様子です。

 

床にある赤い水たまりは、すべて割れてしまったワイン。この荒れ果てた状態から、客を入店させることができるまでにも相当の労力がかかったことでしょう。開店すると、やって来た客でレジは長蛇の列になったといいます。ありおさんは、コンビニ店員の思いをこのようにツイートしました。 

https://grapee.jp/556614

 

 

また次の地震が来るかもしれない中自分も被災者であるにも関わらず、レジに立って他の方に食品を売っている。自分の身を顧みずに仕事をしているということに対する配慮が足りなくなっていますね。自分だけが被災している訳ではないということを忘れないでほしいです。 

1 2 3