事件

【衝撃】九州大学放火事件の犯人はとんでもない人物だった…

放火犯

 

 大学院退学後も研究室に居続けた男が、非常勤職も雇い止めバイトするも最後は研究室を放火して死亡。

 

福岡市の九州大箱崎キャンパスで7日朝に研究室を焼いた火災で、福岡東署は15日、焼け跡から見つかった遺体は研究室に出入りしていた同区の職業不詳の男性(46)と発表した。

 

署によると、死因はやけどによる火傷死。男性が放火、自殺したとみて調べている模様。

 

署は、現住建造物放火か、非現住建造物放火の疑いで、男性を容疑者死亡のまま書類送検することも視野に入れている。

 

男性は九大法学部の卒業生。署によると、研究室の内側からテープで目張りがされた上、遺体の近くに灯油用のポリタンクやライターがあった。自宅からは、9月上旬にポリタンクを購入した際のレシートも見つかったという。

 

九大によると、男性は大学院に進学し、2010年の退学後も研究室を使用。大学院は、9月末に同市西区の伊都キャンパスへ移転を完了する予定で、男性に再三退去を求めていた。 

 

男性は15歳で自衛官になったが退官し、九大法学部に入学。憲法を専攻し、1998年に大学院に進学した。修士課程を修了して博士課程に進んだが、博士論文を提出しないまま2010年に退学となった。

 

ドイツ語を勉強し、文献の校正ができるほどの力を付けた。生前は少なくとも県内の二つの大学で非常勤講師を務める傍ら、教授の研究補助もしていた。

 

元教授は「授業の発表も丁寧で、論文を書く能力もあったのに」と振り返る。大学側によると、男性は15年以降、研究室を1人で使用。ただ、顔を出すのは夜間で、ほかの院生と接触しない“孤立”状態だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00010003-nishinpc-soci

 

15歳で自衛官になり博士課程を学び最終的には自爆してしまっていますが、この方はかなり苦労されたようにも感じますが、それ以上に少しおかしい一面もあったのではないかと感じますね。

また人との接触もあまり行っていなかったようなので、心の状態も不安定だったようです。人との交流が少ない人は病みやすい所もありますので…

1 2