芸能人

【衝撃】山本KID徳郁のガンの本当の種類が判明…想像以上の進行度と内容が悲惨

山本KID徳郁について

ガンで闘病中だった格闘家の山本KID徳郁さんが、9月18日に亡くなりました。

 

皆さんご存知だと思いますが、所属ジムのKRAZY BEEが、公式ホームページにて

 

「かねてからガン闘病中でした山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」

 

と発表しました。

http://livedoor.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/5/4/54da9980.jpg

 

KIDさんは、父がレスリング元日本代表の山本郁榮氏。姉の山本美憂と妹の山本聖子は、ともにレスリングの世界選手権を制覇しています。

 

KIDさんも全日本大学選手権で優勝し、23歳でプロ格闘家としてデビューを飾っています。

 

そのベースとなっているものは父から受けたレスリングの英才教育です。2009年に行われたイベントでは、

 

5歳のときからレスリングをやってきた。サイボーグにされるんじゃないかと思うほど凄かった」と幼少期を振り返った発言をされました。

 

その父親である郁榮氏についても

 

「じいちゃんだけど、いまでも勝てる気がしない」と明かしました。

 

また、2006年8月17日付けの山梨日日新聞のインタビューでは、母校である山梨学院大レスリング場について

 

自分を強くしてくれた場所」と語り「自分のルーツはレスリング」と明言していました。 

 

幼いころからレスリング一筋で生きてきたKIDさん。まさかこんなにも早く旅立たれてしまうとは思ってもいませんでした…

安心の無料保険相談なら【保険ニュース】




1 2 3