事件

【画像】仙台警官事件、相沢悠太容疑者の情報が公開…驚きの人柄

学生だった

 

仙台市宮城野区の宮城県警仙台東署東仙台交番で19日未明、清野(せいの)裕彰巡査長(33)が交番を訪れた男に刺されて死亡した事件で、県警は同日、男は同区新田2丁目の大学生相沢悠太容疑者(21)と発表した。

 

県警によると、男は「落とし物を拾った」と交番を訪れた。当時交番には清野巡査長と巡査部長の2人がおり、当初は2人で対応。

巡査部長が奥の部屋に下がったところ、怒鳴り声や争う声が聞こえたため戻ると、男が立ち上がり、刃物を持って向かってきた。巡査部長は警告したが、男が止まらなかったため、3発発砲したという。

 

男はサブマシンガンのようなものも持っていたが、モデルガンか本物かはわからないという。清野巡査長の拳銃は奪われていなかったという。

 

発砲を受けて死亡した相沢悠太容疑者は、「穏やか」「物静か」と言われた大学生だった。両親と弟の4人暮らしで、家族仲も良かったという・・

 

 

「人違いであってほしい」。

親族の女性(80)は声を絞り出した。女性にとって相沢容疑者は「穏やかで優しい子」。幼い頃、女性の飼い猫をかわいがってくれた。

 

最後に会ったのは今年の正月。女性がお年玉を渡すと、礼儀正しく「ありがとうございます」と感謝の言葉を口にしたという。

 

 

よく穏やかで優しい子、礼儀正しいと言われている人が事件を起こすことが多くなっているように感じます。

この人がそんなことをするはずがない。と思われている人ほど事件を起こしやすい傾向にあるのかもしれません。

 

亡くなった巡査長

殉職した清野(せいの)裕彰巡査長 「おおらかで優しい」元高校球児

1 2 3