Twitter人気

【驚愕】”足がない”人間のジャンプ力が普通の人間以上にある…

人間の可能性

生まれつき下半身が無かったにも関わらず「レスリング」の選手として活躍する黒人の男性「Zion Clark」のジャンプ力が想像をはるかに超えていると話題になっています。

 

 

腕力のみで自身の体を持ち上げ台の上まで上がっています。上半身だけの状態とはいえ、身体をここまで上げられる人はそうそういないでしょう。

 

そして体が不自由であるハンディキャップを背負っていることを感じさせないような生き方です。

 

ZIONについて

彼についてはネットフリックスで新着動画を見ていると、ドキュメンタリーがあります。

足を持たずに生まれた21歳のアフリカ系アメリカ人の大学生レスラーです。コロンバス、オハイオ州で生まれ、誕生時に養子縁組の家や家族から他の家に移って生活の重要な部分を費やしきましたが、あえなく養子縁組は断念されました。

尾部退行症候群として知られている稀な病状で生まれたザイオンさんは、それだけ不自由な体で生まれてきたにもかかわらず、彼の背中には「言い訳がない」という言葉がよく似合うと知られています。

足が無くても生活が出来る。有名なレスラーにもなれることを証明してきました。

ザイオンさんは2歳の時にレスリングの習慣を取り、自由な時間の大半をレスリングに費やしてきました。小学2年生の間に、彼は真剣に行うためレスリングコーチを付けました。彼はコーチの助言を受けて、高校でも格闘技を続けていました。