事故

【衝撃】山本KID徳都の死因が「タトゥー」と言われている理由が…

山本KID徳都

がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁が死去したのは9月18日のことです。

ファンの間では、いまだ悲しみは収まる気配を見せていません。

 

山本さんは去る8月26日、自身のインスタグラムで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」とがん闘病中であることを公表しました。

 

がんの種類など詳細は明かしませんでしたが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と誓いました。

関係者の話では、2年前に病気が発覚し、グアムで治療中だったという。

そのときの様子が写真週刊誌『FRASH』に掲載されたが、車椅子に乗るやせ細った姿を見たファンからは、驚きと心配の声が上がった。

「消化器系のガン治療のためグアムで闘病生活を送っていたといわれていますが、最先端の医療を受けるなら日本にいた方がよかったのかもしれません。

また、山本は全身に多数のタトゥーを入れていることから、それが原因で肝炎から肝臓がんになってしまったんじゃないかと憶測する声もあります」

と芸能記者は語った。

山本さんは胃がんでしたが、それでもタトゥーの影響でないかという声は後を絶ちませんでした。日本のタトゥーへの見解はまだまだ変わりそうにありません。

1 2 3 4