Twitter人気

両親を事故で無くした子供達を育てるために、父親の残した車をオークションに…その額が!!

奇跡の連鎖が

カナダ、アルバータ州のケリルーク夫妻が事故で亡くなったときには、夫のブレントさんは35歳、妻のニコルさんは34歳でした。

夫婦はバイクに乗っていてトラックと衝突してしまったのです。

ブレントさんの36歳の誕生日の前日のことでした。

ですが、周囲の人々は悲しんでばかりもいられませんでした

夫妻にはまだ小さな子供たちが2人もいたのです。

遺された子供たちを、せめて成人するまでは育て上げなければなりません。

 

小さな子供たちが2人、この子たちを両親の代わりに育てていくのはなかなか大変です。何より大きくなってから両親がいない現実を受け止められるかが問題になります。

遺された耳の不自由な子供達のために

 

ケリルーク夫妻の子ども、6歳のアリエールちゃんと3歳になったばかりのリーアムくんは、ブレントさんの父、二人にとっては祖父に当たるベンさんに育てられることになりました。

 

もちろん、他の親族もできるだけ援助はしています。

 

また、二人の養育費用を募るために設けられた”GoFundMe” の募集には、友人はもちろん、見知らぬ人からすらも多くの寄付が寄せられました。

ですが、費用の問題がかなり大きかったのです…

実は、子どもたちは二人とも、聴覚に障害を抱えていたのです。

このため、現在も、また将来にわたっても、医療費が必要となります。

仕方なしに、親族一同はある決断を下しました。

ブレントさんが大切にしていた、1973年型のポンティアック・パリジェンヌをオークションにかけることにしたのです。

ブレントさんの形見ともいえるこのクラッシックカーを手放したくはありませんでしたが、子供達には代えられず、他に選択肢がなかったのです。

身体の5感のうち聴覚が不自由なのは、辛いですね。言葉を話すにも相手が何を言っているか分からず。自分の声が聞こえなければ上手く発音しているかも分かりません。

Keryluke-familyhttps://www.gofundme.com/arielleampliam

この車が奇跡の連鎖を生みました…

 

1 2 3