事件

【座間9人殺害事件】白石被告の現在は告白本を執筆。”カネを払うなら話す”

座間9人殺害事件

昨年10月の〝座間9人殺害事件〟で起訴された白石隆浩が、とんでもないことを言い出している模様です。

同容疑者は警視庁高尾署に留置され、連日面会を求め新聞、テレビ各社の記者が押し寄せていますが、白石被告は「金を払った相手に話をしたい」「気前のいいところとお付き合いしたい」と取引を持ち掛けているようです。

最初に指名されたのはNHKで、記者はこれを拒否しました。

その旨をニュースとして報じましたが、当人は反省することなく、その後も時事通信、TBSなどに商談を持ち掛けているといいます。

どうあがいても極刑は免れず、そこにお金を持っていけるわけでもないのに、なぜここまで執着するのでしょうか?

 

その一端は28日に発売した週刊誌フライデー(講談社)で垣間見れます。

フライデーには他のマスコミが論理的な問題で同被告へのカンパを拒否するなかで、上限額の3万円を差し入れています。

この行為自体、賛否両論を巻き起こす事にはなるでしょうが、接見によってシリアルキラーの闇が明らかになるのでは..

確かに何の目的でここまでお金に執着しているのでしょうか…報道局にまで取引を持ち掛け、取引を行っているその真意は何なのでしょうか?

1 2