ゆきぽよ

木村有希(ゆきぽよ)アメリカでも超人気!その秘密とは…

木村有希(ゆきぽよ)

カリスマ動画クイーンとして現在話題になっているド派手ギャルの”ゆきぽよ”こと木村有希さん。

今月2月にアメリカで放送された恋愛リアリティ番組「The Bachelor Winter Games(バチェラー・ウィンターゲームス)」に参加して、全米でも注目を集めました

ゆきぽよさんは、2017年に日本に初上陸した「バチェラー・ジャパン」に参加し、その強烈なキャラクターを持ちながらも愛されキャラとして、視聴者による好感度ランキング一位の人気を集めていたことで、アメリカからもオファーがかかりました。

「バチェラー・ジャパン」はAmazonプライムのプライムビデオにて配信されています。

木村有希(ゆきぽよ)プロフィール

  • 愛称:ゆきぽよ
  • 本名:木村有希
  • 生年月日:1996年10月23日
  • 年齢:21歳(2018年現在)
  • 出身地:神奈川県
  • 学歴:神奈川県立永谷高等学校
  • 血液型:O型
  • 身長:156cm
  • 趣味:犬と遊ぶ
  • 特技:歌う

 

バチェラーシーズン1を見た人ならば知らない人はいないであろうゆきぽよさん。

神奈川県出身で高校生のころからギャルだったそうです。しかし高校は1年留年しながらも最後まで通い卒業しました。

普通のギャルだったら1年留年した段階で、高校を辞めてしまうと思うのですが、ゆきぽよさんは諦めず最後まで高校に通いました。

この時からすでに、普通のギャルではなかったのかもしれませんね。

その当時の写真がこちらです。


滅茶苦茶可愛いですね。 高校の時からモデル活動を行っていたので、可愛いのは当たり前かもしれませんが、顔が非常に整っています。

そのモデル活動が原因で高校を留年することになったそうです。

また顔が整っている理由としては、父親は日本人の方ですが、母親がフィリピンとスペインのハーフだそうです。

ゆきぽよさん本人は神奈川なので当然純日本人ですが、容姿の良さはやはりハーフならではですね。

良く顎の整形をしているという噂が立っていましたが、全くのウソです。

さらに日本語のほかにタガログ語(フィリピン語)も話せるようです。母親に教えてもらったのでしょうか。本人もこう語っています。

 

 

ゆきぽよバチェラーの本家アメリカでも出演

バチェラーの本家である、アメリカ『the bachelor』でスピンオフ企画があり、バチェラー参加経験のある男女が、真の愛を見つけ出すため米国内外から集結し、その日本代表として”ゆきぽよ”が参加しました。

「The Bachelor」は全世界225カ国以上で放送されるなど、リアリティ番組の中で最も国際的で実績のあるシリーズです。

 

スピンオフ企画といのは、バチェラーに参加した経験のある男女が、米国内外から集まって出演する特別企画のようなものです。

ゆきぽよさんは、2017年に日本で初配信された『バチェラー・ジャパン』に初出場した女性陣の中で特に注目されたキャラクターだったことと、好感度ランキングも一位だったため、当然の選出ですかね。

そのキャラクター性はアメリカでも大人気となり、愛されキャラとして、アメリカのテレビCMにも出演していますよ。

「この夏の個人的ビッグニュース」が話題になると、ゆきぽよは「アメリカでお菓子のCMに出演しました」と報告しました。

『バチェラー・ジャパン』出演を機に本家アメリカのバチェラー出演を果たし、さらにスピンオフにも参加。続けてCM出演まで成し遂げ、アメリカでも注目の的になっているゆきぽよさん。

「バチェラーではほとんど英語が話せなくて、ボディーランゲージだった。カタコトの英語が面白かったみたい」とアメリカの人気の理由を本人が分析しました。

共演者から「英語がわからなかったら、外国人から口説かれた時に気づくの?」と聞かれると、「口説かれたことがない。子供だと思われている」と嘆いていました。(modelpress編集部)

ゆきぽよさんは英語をあまり話せないそうですが、片言の英語と持ち前の明るさ、人懐っこさ、ノリの良さ、ストレートな性格などの、彼女持ち前の良さが発揮されてアメリカでも周りの雰囲気を和やかにしました。

さらにそれだけでなく、視聴者までも心を鷲掴みしました。

ゆきぽよさんは『bachelor Winter Games(バチェラーウィンターゲームズ)』に参加したことで、アメリカでも一気に話題となったんです。

アメリカ版バチェラーのウィンターゲームズの結果では惜しくも最後の一人には慣れませんでしたが、視聴者からは好意的な声が上がりました。

ゆきぽよのキャラクターがアメリカで炸裂

アメリカで炸裂した、ゆきぽよさんの個性的なキャラクターはアメリカの視聴者の心を完全に鷲掴みしました。

放送後のネット上では、「yukiはなんて愛らしいの!」「yukiがとってもカワイイ!大好き!」「yukiの素直な心に憧れる。涙が出てきた」「I love yuki」「もっとyukiがみたい!またバチェラーに戻ってきて」「yukiを見ていると幸せな気持ちになる」と話題となり、ゆきぽよさんに釘付けになる視聴者が世界中で続出しました。

同時に、ゆきぽよさんのSNSフォロワーも倍増しました。

さらにゆきぽよさんは、アメリカの複数のメディアでも取り上げられ、

The New York Times(ニューヨーク・タイムズ)で『The Bachelor』の記事が掲載された時も、

木村有希が結婚相手に出会えるまで、様々なバチェラーに参加し続けることを熱望する

と写真付きで紹介されています。

http://dimi.gger.jp/archives/yukipoyo-2018-03-05.html

https://bachelorjapan.com/625/#1

https://article.auone.jp/detail/1/5/9/81_9_r_20180915_15370  19302328265

https://mdpr.jp/gal/detail/1749213