芸能人

倉田菜美と小柳津理太郎(バチェラー・シーズン2)が破局!?その原因が衝撃的すぎる…!

バチェラージャパン2

大人気、恋愛リアリティー番組の『バチェラー・ジャパン』。そのシーズン2で晴れてカップルとなった倉田菜美さんと小柳津林太郎さんですが、なんと分かれてしまったことが明らかになりました。

1人のバチェラー(男性)をめぐって25人の女性が争う恋愛リアリティー番組である、バチェラーは現在若い世代に絶大な人気番組ですが、ネット上では、「残念!」「悲しい」「良い雰囲気だったのに…」という残念がる声が上がりました。

その一方で、「滑稽」「やっぱりな…」「まあそうなるよな」というような意見を述べている方も多くいらっしゃいました。

なぜこのような状況になってしまったのでしょうか。今回は倉田菜美さんと小柳津林太郎さんの破局の理由や真相について、調べていこうと思います。

 

倉田菜美さんのプロフィール

https://blog.hatena.ne.jp/login?blog=https%3A%2F%2Fminimote.hateblo.jp%2Fentry%2FBachelor2

 

名前:倉田茉美

生年月日:1990年6月13日

出身:京都府

身長:159cm

趣味:美しいものを見る、食べる事、映画鑑賞、ドラマ、ヨガ、プール

職業:イラストレーター

凄い美人な方ですよね。京都出身ということもあるので、京都弁はかなりかわいいです。

倉田菜美さんは一人旅で東京に遊びに行ったときに、芸能事務所5か所からスカウトされたことがあるという実績もあります。

見た目もとても綺麗であることから、スカウトされたのではないかと思います!

倉田菜美さんの出身高校などの学歴に関する情報はありませんでした。現在はイラストレーターをされているということなので、美術学校や専門学校に通われていたのではないかと思います。

 

小柳津林太郎さんのプロフィール

https://dot.asahi.com/aera/2018062900066.html

 

名前:小柳津林太郎(おやいず・りんたろう)

年齢:1981年 35歳

出身地:京都府

出身大学:慶應義塾大学経済学部

趣味:アウトドア、フットサル、バスケなど

職歴:株式会社サイバーエージェントSGE統括室室長

お名前が非常に読みにくいところはありますが、小柳津(おやいず)さんです。

小柳津さんは中学まではアメリカで過ごしていたそうです。それから1浪を経て経済学部に進学されています。

大学では英語演劇のサークルで活躍され、就活時に演劇へ進むか仕事を行うかを悩むほど、真剣に取り組まれていたそうです。

大学卒業後の2006年にサイバーエージェント入社して。入社3年目で子会社CyberXの代表になった小柳津 林太郎さん。

現在は起業して自身の会社を設立し、年収は1000万円以上はあるようです。

若くして成功者へとなった小柳津林太郎さんですが、女性との交際はこれまでも結構あったようです。

 

倉田菜美さんと小柳津林太郎さんが破局

 

 

View this post on Instagram

 

*ご報告* バチェラーシーズン2を応援してくださった皆様へ。 この度、私、倉田茉美は、バチェラーシーズン2を通して結ばれました小柳津林太郎さんと正式にお別れする運びとなりました。 配信が始まって、4ヶ月が経ち、これからシーズン3が始まろうとする中で、このようなご報告となり、あまりにも早い別れに失望される方、ガッカリされる方、当然だと思います。 その気持ちに対して、本当にごめんなさい。 でも、皆さんに嘘をつくようなことや、お仕事だけで彼と向き合うようなことはしたくないと思い、相談した結果が今回のタイミングとなりました。 今後、皆さんからのお言葉はどんなことも全て受け止める覚悟をしています。 バチェラーシーズン2を愛してくれた皆様に、 本気で私たち二人を応援してくださった皆様に、 何一つ返すことができなくて、二人の夢も皆様の思いにも応えることができませんでした。 沢山のご質問や、応援のお言葉に対しても、なかなかお応えすることができず、何度も胸がいっぱいになりました。 お別れに関して、詳しい内容をお伝えできないこともごめんなさい。 でもなるべく、最後は素直な言葉をここに残したいです。 私はバチェラーに参加して彼と出逢って結ばれてお別れに至るまで、ずっと本気で彼と向き合い続けてきました。 番組にやらされたことは一つもありません。 少なくとも私は、ビジネスの為に、彼はもちろん、自分の人生を、自分の家族を犠牲にするようなことは絶対にしません。 お正月には彼の実家にお邪魔させてもらって、本当に優しく接してもらいました。 お母さんには温かいご飯やお言葉で沢山心をほぐしてもらったり、 お父さんには「がんばったね」と言ってもらったり。 そんな柔らかな日がありました。 撮影が終わってからも、本当の気持ちだけがそこにあったことは事実です。 林太郎。 あの世界の中で、最初と最後の景色を一緒に見た人、 私に見せてくれた人であることにずっと変わりはありません。 ここに至るまで約一年。 それでも短すぎるし、なかなか会えない日が多かったけれど、感じたことのないような、とても濃い時間でした。 バチェラー中、林太郎と過ごした時間はかけがえのない宝物です。 バチェラーが終わっても「茉美」と名前を呼ばれる日々が、とても嬉しくて、とても愛しかった。 こんな日がずっと続けばいいなって思っていました。 そして、最後に勝手なお願いと、バチェラーシーズン3へ。 私は今この瞬間にも、一つも後悔はありません。 幸せになる為のキッカケが必ずあります。 希望を持ってほしいです。 出た方には、何か一つ幸せへのキッカケを持ち帰る為にレッドカーペットの上を歩いてほしいです。 観る方には、その姿を温かく楽しんで見守っていてほしいです。 うまく言葉にできなかったけれど、 最後まで読んでくれて、最後まで応援してくれて、 そして今日も応援してくれている誰かに、 心の底から感謝します。 ありがとう。 最後に、応援してくれた皆様、 本当にごめんなさい。 また新しい物語をはじめます。 それはまた一歩、幸せに近づく、 その為のお別れだと信じています。 みんな 必ず幸せになるに決まってるよ。*🌹 2018.9.28 倉田茉美 To Rintaro , who was born to be happy . . 19girls thank you .

倉田 茉美さん(@sena_sayu122)がシェアした投稿 –

インスタグラムに自身で報告しているので、間違い情報ではないですね。

結構長文ですが、それゆえに色々な事があったと伺えますし、今後どうやって進んでいこうかなどに付いても、前向きな意志が込められているのが伝わってきます。

お二人の出会いについてはこちらの動画を参考にしてみてください!

予告動画で倉田茉美さんは最後の方しか出てきませんが、番組内では付き合うことに至ったということでよかったですよね。

しかし、最終的には破局という形になってしまいました。

では、その真相についても見ていきたいと思います。

 

倉田茉美さんと小柳津林太郎さんが破局した理由

小柳津氏は「この度、バチェラー・ジャパン シーズン2を通して、結ばれた、倉田茉美さんとお別れすることになりました」と報告。「茉美とは、昨年からお付き合いしはじめ1年近くが経ちました。お正月にはうちの実家に来たりと、外で会えない期間、二ヶ月間同棲をしたり、隠れて旅行に行ったり、結婚を前提として真剣にお付き合いしてきました」と、これまでを振り返った。

 続けて「一人の女性と真剣に向き合った結果、そして、二人で話し合った結果、このような運びとなりました」と明かし「言葉で表現するのは難しいのですが、時が経ち、気が付けば、兄弟と言いますか、心友のような関係に変わっていきました」と説明。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000315-oric-ent

2人のコメントを見る限りだと、普通にお付き合いをしていた事が、分かりますね。

しかし、お互いに恋愛対象としてみることが出来なくなってしまった。という理由で別れてしまっています。その1年間の間に同姓したり、旅行に行ったり、お正月には倉田茉美さんが小柳津家で過ごしたりと、確かに結婚前提のお付き合いをしていたようです。

やはり長い月日が流れると、お互いのトキメキが薄くなってしまい。恋愛感情がなくなってしまうようですね。

実際に破局理由について詳しくお話ししているわけでは無かったのですが、倉田茉美さんは確かに小柳津林太郎さんを愛していたということは、伝わりました。

さらに倉田奈美さんは「ビジネス恋愛ではなかった」と強調しています。

これは言わなくてもよかったかもしれませんね。

 

ネット上でのコメント

 

残念がるコメントの中に、否定的なコメントも見受けられますね。実際の真相は本人たちにしかわからないので、第3者である私たちがなんと言おうと分かりません。

今後シーズン3も放送予定らしいので、そちらでは長く続くカップルが生まれる事を願うばかりです。

 

http://usaponn.com/archives/3578#i-4
https://geinou-now.net/oyaidu-kurata-hakyoku/1705/